本山町自然・観光情報 *本山町キャンプ情報へ* *本山町宿泊施設情報へ*

帰全山公園
蛇行する吉野川に囲まれるようにある帰全山公園。春には、桜やしゃくなげが咲き誇る県指定の自然公園です。
入り口には、藩政時代の政治家で南学者としても知られる野中兼山の像が建ち、園内には兼山の母、秋田夫人の墓があります。
帰全山公園は、通称「シャクナゲ公園」とも呼ばれ、4月中旬頃から5月初旬にかけて咲き誇る3万本のシャクナゲは、訪れる人を魅了します。
帰全山公園

若宮・上街公園
町の市街地には、桜の植わる公園がたくさんあります。山間部の厳しい冬が終わり、春が訪れると、公園のあちこちで桜が咲き始め、4月上旬には町中がやさしいピンク色に染まります。 公園写真公園写真

白髪山
標高1470m、本山を代表する山です。登山道には樹齢150年から200年のヒノキが林立し、山頂一帯には、白骨林と呼ばれる自然が創り出した絶景が登山者を待ち受けています。特に5月下旬から6月上旬のシャクナゲが咲く頃には多くの登山者で賑わいます。
登山道は2ヶ所(汗見川筋ルート・行川筋ルート)、どちらも登山口まで案内板があり、登山口から頂上までは1時間半もあれば登れます。
白髪山写真

汗見川渓谷
数千年の歴史を刻み創り出された汗見川渓谷、1年を通して澄み渡る清流は、訪れる人を飽きさせません。春の岸ツツジや紅葉も楽しめますが、夏のキャンプには最適の所で、キャンプ場(白髪山ふれあいの村休養センター)も整備されています。 キャンプ場写真
花の写真 汗見川渓谷写真

キャンプ場についてのお問い合わせ先
:休養センター管理(川原)
tel 0887−82−1588

赤滝
汗見川の支流、桑ノ川に沿って行くと、木々の間を縫うように落ちる赤滝を見ることができます。透き通る水と新緑や紅葉と交わる景観は、思わず息を呑むほどの美しさです。 赤滝

佐々連尾山
本山の最北端、愛媛県との境にある佐々連尾山は、標高1404m。頂上一帯は笹の原っぱで埋め尽くされています。よく晴れた日には瀬戸内海を見ることができます。
登山道には、ブナの林やツツジが群生し、紅葉のシーズンの登山は楽しみが倍増します。
林道坂瀬線登山口から頂上まで約2時間。
佐々連尾山

樽の滝
奥白髪温泉から約5分、道から見上げると水が樽の上をすべるように流れ落ちます。新緑や紅葉の時期は、道路わきの駐車場でお弁当を広げて自然を満喫してはいかがでしょう。 樽の滝の写真

*