本山町くらしの情報

●窓口情報 国民健康保険 町税 町営住宅
*
窓口 戸籍 印鑑登録 チャイルドシート
住民生活

窓口情報

○住民登録について

・住民登録については・・・住民生活課 窓口へ

住所を定めたとき、住所が変わったとき、または世帯に変更があったときは、14日以内に届け出なければならないことになっています。この届け出は、選挙、国民健康保険、国民年金、小・中学校への入学、児童手当、印鑑の登録などを受ける際の基本となるものです。届け出を忘れないようにしましょう。

・住民票の写し
 入学・就職・登記・運転免許証の申請・その他住所に関する証明は、役場窓口で取り扱います。
 ※個人のプライバシーを保護し、基本的人権を守るため、住民票の写しは原則的に「続柄」と「本籍・筆頭者」を省略してお渡しします。必要なときはその旨を申し出てください。
手数料・・・・・1通につき300円

住民登録の届け出一覧

届け出の種類 届け出期間 届け出人 届け出場所 届け出に必要なもの
転入届
(他の市区町村から引っ越してきたとき)
本山町に来た日から14日以内 本人または世帯主 役場
住民総合窓口
前住所地の区市町村長が発行した転出証明書
国民健康保険証(すでに加入している世帯に転入したとき)
国民年金手帳(加入者のみ)
転居届
(本山町内で住所をかえたとき)
転居した日から14日以内 本人または世帯主 国民健康保険証(加入者のみ)
国民年金手帳(加入者のみ)
転出届(
他の区市町村へ住所をかえるとき)
本山町外に住所をかえるまでに 本人または世帯主 国民健康保険証(加入者のみ)
国民年金手帳(加入者のみ)
世帯変更届
(世帯主がかわったとき)
(世帯を一緒にしたとき)
(世帯を分けたとき)
(世帯の構成がかわったとき)
  本人または世帯主 国民健康保険証(加入者のみ)
国民年金手帳(加入者のみ)

お問い合わせ先
  住民生活課
(電話 0887−76−2113)
  (FAX 0887−70−1102)

窓口 戸籍 印鑑登録 チャイルドシート
○戸籍について
戸籍は個人の氏名、生年月日、父母との続柄、配偶者などの身分に関することを公証するもので、夫婦、親子、または単身で、それぞれの戸籍が作られています。

・戸籍関係の証明
戸籍謄本(その戸籍に記載されている全員の写し) 1通450円
戸籍抄本(必要な方だけの写し) 1通450円
除籍謄抄本(除かれた戸籍) 1通750円
身分証明書(破産の有無について証明するもの) 1通300円
戸籍の附票(住民登録をした住所が記載され証明するもの) 1通300円

・戸籍謄・抄本の請求
 戸籍謄・抄本を請求するときは、「請求の理由」つまり、使用目的を具体的に示して下さい。もし不当な目的のために請求したときは、交付できない場合もあります。
除かれた戸籍については、法令に定められた方だけしか請求できませんので、窓口でおたずねください。不正な手段で請求し、使用しますと、過料に科せられることもあります。

・身分証明書の請求
身分証明書の請求は本人だけです。やむをえず代理人が請求するときは、本人の承諾書、または委任状が必要です。

・戸籍関係諸届
出生届、死亡届などは、届け出の期間が決められていますので、ご注意ください。

(郵便での戸籍謄抄本等の取り寄せ要領について)
戸(除)籍謄抄本、附票、身分証明等は、本籍地の役所で発行します。
本籍地が居住地以外にある場合は、次の要領で、郵便で取り寄せることができます。

 (1)申請書 戸籍謄抄本等交付申請書に必要事項を記入してください。     (昼間の連絡先、電話番号を必ず記入する)

    ※本人確認書類が必要です。(運転免許証など)

 (2)手数料 を同封してください。
      〈手数料〉 戸籍謄抄本 1通450円 除籍謄抄本 1通750円
       ※手数料は、定額小為替(郵便局で売っている)でお願いします、
       なお、戸籍附票、身分証明等は、それぞれの市町村によって異なりますので、お確かめのうえご請求ください。

 (3)返信用の封筒 を同封してください。
    (返送先の住所、氏名を記入し、郵便切手を貼る。お急ぎの場合は、速達料金を追加する。)

 (4)(1)(2)(3)を同封し、本籍地の町役場の戸籍係に、ご請求下さい。

  (お願い)郵送の場合は、配達の日数と役所の処理日数が必要です。
       日数に余裕をもって申請してください。

 ※代理人(本人・配偶者・父・母・子・祖父母・孫以外の者)が戸籍謄抄本等を請求する際には、委任状が必要です。

委任状 戸籍謄抄本等
※ こちらのボタンから、様式をダウンロードできます。プリントしてご利用ください。
  直接ダウンロードする場合は、Windowsの方は右クリックして、リンクを名前を付けて保存を選んでください。
  Macintoshの方はoptionを押しながらボタンをクリックしてください。
  そのままクリックすると、Acrobat Readerをお持ちならそのままご覧頂けます。またそれから印刷・ダウンロードすることも出来ます。

Acrobat Readerダウンロード この書類は、PDF書類ですのでご覧になるためには、アクロバットプラグイン・ビューワが必要です。
お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードして下さい。フリーウェアです。


戸籍関係諸届一覧
名称 届け出期間 届け出先 届け出人 添付書類及び注意事項
出生届 生まれた日から14日以内 父母の本籍地または届け出人の所在地あるいは子の出生地の市役所、町村役場 父または母、同居者、出産に立ち会った医師、助産婦の順序 届け出書 1通
添付書類 出生証明書(届け書についているので医師または助産婦に証明してもらう)
母子健康手帳(区市役所・町村役場から交付されたもの)
印鑑 届け出人の印鑑
※注意 命名は常用漢字、人名用漢字ひらがな、カタカナの範囲内ですること
養子縁組届 届け出した日から法律上の効力が発生する 養親および養子の本籍地または届け出人の所在地の区市役所・町村役場 養親、養子または代諾権者
(証人2人必要)
届け書 1通
添付書類 養親および養子の本籍が届け出先にないときはそれぞれの戸籍謄本
印鑑 届け出人の印鑑
※注意 未成年者が養子とする場合または後見人が被後見人を養子とするときは家庭裁判所の許可書を添付
養子離縁組届 届け出した日から法律上の効力が発生する 養親および養子の本籍地または届け出人の所在地の区市役所・町村役場 養親、養子または離縁協議者
(証人2人必要)
届け書 1通
添付書類 届け出先に本籍と腹籍する戸籍がないときはそれぞれの本籍地
印鑑 届け出人の印鑑
婚姻届 届け出した日から法律上の効力が発生する 夫または妻の本籍地のあるいは所在地の区市役所・町村役場 夫、妻
(証人2人必要)
届け書 1通
添付書類 夫婦になる人の戸籍謄本または抄本 1通(本籍が届け出先にあるときは不要)
未成年の場合は父母の同意書 夫婦(一方は旧姓)の印鑑
離婚届 届け出した日から法律上の効力が発生する 夫婦の本籍地あるいは所在地の区市役所、町村役場 夫、妻
(証人2人必要)
届け書 1通
添付書類 届け出先に本籍と復籍する戸籍がないときはそれぞれの戸籍謄本
夫婦の印鑑
※注意1.夫婦間の未成年の子については親権者を定めること
2.裁判または調停離婚の場合には、裁判確定または調停後10日以内に裁判判決の謄本および確定証明書、または調停書の謄本を添付のこと
婚姻の際に称していた 氏を称する届 協議離婚届け出の日、調停成立の日、審判または裁判の確定の日から3ヵ月以内 届け出人の本籍地または所在地の区市役所・町村役場 離婚により、婚姻前の氏に復する者・復した者 届け書 1通
添付書類 届け出先に本籍がないときは戸籍謄本 1通
印鑑 届け出人の印鑑
*離婚届と同時に届出ができる
入籍届 届け出した日から法律上の効力が発生する 子(入籍者)の本籍地またま所在地の区市役所・町村役場
(15歳未満の場合は法定代理人)
届け書 1通
添付書類
1.家庭裁判所の許可書の謄本
2.届け出先に子および入籍する戸籍がないときはそれぞれの戸籍謄本
印鑑 届け出人の印鑑(子が15歳未満のときは法定代理人)
分籍届 届け出した日から法律上の効力が発生する 分籍者の本籍地または所在地あるいは分籍地の区市役所・町村役場 分籍者 届け書 1通
添付書類 新本籍地を他の区市町村に定める場合は戸籍謄本1通
印鑑 届け出人の印鑑
転籍届 届け出した日から法律上の効力が発生する 転籍者の本籍地または所在地あるいは分籍地の区市役所・町村役場 戸籍の筆頭者およびその配偶者 届け書 1通
添付書類 他の区市町村に転籍する場合は戸籍謄本1通
印鑑 届け出人の印鑑(配偶者がいるときはその方の印鑑も必要)
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 死亡者の本籍地または届け出人の所在地あるいは死亡した場所の区市役所・町村役場 死亡者と同居の親族または同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理者、同居していない親族の順序 届け書 1通
添付書類 死亡診断書(届け書についているので医師に証明してもらう)
印鑑 届け出人の印鑑
死体埋火葬許可申請 死亡届をするとき 上記(死亡届)と同じ 上記(死亡届)と同じ 申請書 1通(死亡届と同時に申請)印鑑 申請人の印鑑
改葬許可申請 改葬しようとするとき お骨を埋葬または預けてある寺の所在地の市役所・町村役場 墓地の使用者 申請書 1通
添付書類
1.お骨を埋葬または預かっているところのお寺の証明書
2.改葬先の証明または墓地の使用許可書
印鑑 申請人の印鑑
※詳しくは、届け出る区市役所・町村役場にお問い合わせください。

 お問い合わせ先
  住民生活課 (電話 0887−76−2113)


窓口 戸籍 印鑑登録 チャイルドシート
印鑑証明

印鑑登録できる方
本山町に居住し、本山町で住民登録している方又は、外国人登録をしている方は、1人1個に限り印鑑の登録をすることができます。 ただし、15歳に満たない方は登録できません。

申請の方法
(1) 登録の申請 申請を受けようとする方は、登録する印鑑を持参し、登録申請書により申請します。病気、その他やむを得ない理由により、本人が登録申請できない場合は、委任を証する書面(委任状)を添えて、代理人により申請することができます。
(2) 登録申請の確認
印鑑登録の申請があったときは、申請者が本人であることを確認するため、郵送で登録申請者に対し、文書で照会し、回答書が持参されて、はじめて印鑑の登録ができます。回答書を持参する方が代理人の場合は、委任を証する書面が必要です。
(3) 登録申請者が本人であり、次のいずれかの証明書等を提示または提出した場合は、文書による照会を省略し、すぐに登録することができます。
1)官公庁発行の免許証、許可証または身分証明書(本人の写真が添付されたもの)
2) 本山町で印鑑登録している方が登録を受けている印鑑によって申請者が本人であることを保証した書面


印鑑登録証
 印鑑の登録が済むと、登録申請者またはその代理人に対し、印鑑登録証が交付されます。この登録証は、印鑑が登録済である旨を証するもので、印鑑登録証明書の交付を申請するときに必要ですので、大切に保管して下さい。  

印鑑登録証明書
 印鑑登録を受けている方又はその代理人は、印鑑登録証明書交付申請書に登録証を添えて申請して下さい。実印は不要ですが、代理人が申請する場合は、代理人の印鑑が必要です。
○印鑑登録証明書交付手数料  1通につき300円

窓口 戸籍 印鑑登録 チャイルドシート
本山町チャイルドシート貸出事業

 チャイルドシートの着用が、児童の交通事故による被害の防止、軽減に大きな効果があることにかんがみ、平成11年5月に道路交通法等の一部が改正され、平成12年4月より6歳未満の児童(以下「乳幼児」という。)にチャイルドシートの着用が原則として義務化されます。
それに伴い、子育て支援、少子化対策との関連からチャイルドシートの着用促進を図るため、貸出しを行っています。

(目的)
 この要綱は、本山町が、6歳未満の子供のある家庭に対し平成12年4月1日より設置が義務付けられるチャイルドシートを、交通事故防止、児童福祉の一環として本山町に住所を有する家庭に対し無償で貸出をする事により、その家庭を援助し、交通事故防止及び児童福祉の向上を図ることを目的とする。

(貸出対象者)
 貸出対象者は、本山町に住所を有している者で、6歳未満の子供のある家庭とする。

(貸出期間)
 貸出期間は、原則として対象者が6歳に達するまでの期間とする。

お問い合わせ先
 健康福祉課(電話 0887−70−1060)


*